ソフトモヒカンにしてください

39歳。旅のしおりクリエーター。企画系サラリーマンの雑記です。趣味のマラソン、子育て、漫画の感想など綴っていきます。

ランニングは走らなくて良い!38歳でもランニングは楽しめる

ランニングを始めたいけど迷ってる方へ

 

Running

突然ですが、
僕はランニングが趣味です。

週に1回か2回走るくらいの初心者レベルの趣味ですけど。

でも昔っから趣味だったわけではなく、昔はむしろ走るのは大嫌いでした。

走るのが苦手だからランニングをしない、続かないから始めない、迷ってるという人がいたら、それはもったいないです。

実はランニングは走らなくてもいいんですよ。



走らないランニングとは


走るからランニングっていうのでは?と思いましたよね。
それは確かにそうなんです。

でも、走る イコール ゼーゼーハーハーする と思ってはいませんか?

走るのは息が苦しい、足が痛い、辛い。
そういうイメージあると思います。

それは絶対に辛い。
普段走らない人が想像する「走る」は、
遅刻しちゃうから駅までダッシュ!忘れ物を届けるためにダッシュ!とか、
鬼ごっこで捕まらないためにダッシュとか。
中学高校のときの体育の授業や体育祭、マラソン大会での辛さとか。

そんなイメージです。

でも、
僕がいうランニングとは、適度なスピードで適度な距離を楽しく走ることなんです。

見出し
適度なスピード

人それぞれ、楽しく感じるポイントって異なります。
飲み会をしていても、おしゃべりできて楽しい、騒げて楽しい、お酒が美味しい、つまみが旨いとあるように、
ランニングのスピードに対しても人それぞれ。

僕も練習をきちんとしているときには、自然とペースが上がりますし、さぼったあとにはいつものペースがきつかったり。

人それぞれ、コンディションそれぞれです。

 


あれ?あの人遅くない?って誰も思わない

ですので、どんなペースで走ってもかまわないです。

実際に遅いスピードで走ってる人をみて、
こんなに亀のように走ってて意味あるのかな?
あれ?この人相当遅くない?
って思うことってないです。(少なくとも僕は)

なぜなら、僕も走り始めは遅いペースですし、あえてゆっくり走るロングスローディスタンス(LSD)と呼ばれるトレーニングもあるくらいですから。

 

始めは歩く延長でかまわない。
早歩きだってかまわない。
腕を振って進もうと思えば走れてる。

10メートルとか進んでみて、腕はこの振り方でいいのかな?足は踵からだっけ?足の裏だっけ?息を吐くペースは速くないかな?吸って吸って吐くで良い?鼻から吸うの?とか。
体の動きを意識してると、あっという間に100mすぎてますよ。

 

僕は永遠の初心者

今は僕は走るのが好きです。

でも早く走れない。
きっと筋肉の質かもしれないし、疲れやすいといく体質かもしれないし、
練習が足りないのかもしれない。

毎回の練習でいつも目標を持って走っています。

今日は30分、20分、5キロ、3キロ、5キロ30分以内とか。
これは自分との戦いです。
他の誰とも関係ない。
自分との約束を守れるか。

もっと早く走りたいし、長く走ってみたいけど、無理して怪我したらそもそも走れなくなるので、体調を確認しながら走っています。

 


走ることの快感

38歳。
体調気になります。病気したくない。健康でいたい。

ランニングは体に良いか?と聞かれたら正直運動しないよりいいんじゃない?としかわからないです。

運動すれば消費カロリーは増えるし、筋力がつけば基礎代謝も上がるので痩せやすくなると思います。(思ってるだけで痩せてないのでなんとも…)

走り終えたあとの達成感、汗をかいたあとの爽快感は間違いなくありますね。

そのあとのビールも美味しいし。

 


まとめ


同年代の方へ
ランニングおすすめですよ。

走ることを継続すると、いつの間にかスピードも上がり走れる距離も伸びてきます。 

 

注意点はひとつ。
いきなり無理しないこと。

ゆっくり、ゆっくりですよ〜。


それでは~(・ω・)ノシ