ソフトモヒカンにしてください

39歳。旅のしおりクリエーター。企画系サラリーマンの雑記です。趣味のマラソン、子育て、漫画の感想など綴っていきます。

皇居ランの拠点 半蔵門 バン・ドゥーシュの紹介

こんにちは。ランニングが趣味のソフモです。走る場所はいつもは家の近所の土手だったり、幹線道路沿いを走るコースにしているのですが、月に1回くらいは、皇居を走っています。

そこで、いつも使っているランニングステーション(=ランステ)を紹介いたします。

ランニングステーションとは?

ご存知の方も多いと思いますが、ランステはランニングの拠点となる施設です。ロッカーがあり、シャワーがあり、ここで着替えて準備をして走り終わったらまたここで着替えて帰宅する、ランニングの拠点です。
ランステというのは非常に便利ですよね。

皇居のまわりにはいくつもあるので、迷ったりすると思いますが、基本的にはどこもだいたい同じような料金で同じようなサービスだと思いますので、走り始めたい場所を基点に考えたら良いと思います。

麹町・半蔵門を基点とすると「ジョグリス」、「バン・ドゥーシュ」

皇居ランは皇居のまわりを周回するもので、回って帰ってくれば5キロ、というとてもわかりやすいコースです。
スタート地点はどこでも良いです。その中でも代表的なスタート地点は、桜田門、竹橋、半蔵門が多いでしょうか。


半蔵門をスタート、ゴール)

半蔵門をスタートにする僕の拠点は、「バン・ドゥーシュ」。

バン・ドゥーシュの良いところ!

横文字ですけど、実は銭湯なんですよ。なので料金は460円。他が大体500円〜となっているので、少しだけ安いです。

そして、他はシャワーだけが多いのですが、ここは銭湯なのでお湯に浸かれます。
走って疲労した肉体にたっぷりのお湯は心地よいです。

そしてさらに銭湯なのに、シャンプーもボディソープもついているので、タオルだけあれば完璧。他のランステもシャンプーやボディソープは付いていると思うので差はないのですが、銭湯なのにあるのが良いところ。

さらにさらに良いところは、入口でお金を払って中に入るとき、ほとんど毎回、おまけをもらえます。大体100円相当のドリンクだったりおやつだったり、栄養ゼリーだったり。460円支払って、100円相当のおまけが貰えるので、かなりお得に感じます。

貰えるものは賞味期限が近いものが多いのですが、無料でもらえるのでラッキーですよね。

最大の魅力

これが最大の魅力なのですが、番台のおばちゃんが優しい。(もう番台とはいわないのかな)
優しい。(もう1回言う)そして、元気もらえる。

毎回必ずお金払って靴脱いで入るときに、「シューズは外に出してからね〜」と教えてくれます。「今日は空いてるよ」とか「混んできたね」とか必ず一声かけてくれます。そして着替えて出て行くときも「いってらっしゃい〜」と可愛い声をかけてくれる。
戻れば「早かったね」とか「おかえり〜」とか。
言葉に書くと普通の挨拶なんですが、こういうやりとり、嬉しいんですよ。月に1回くらいの頻度ですけど、常連ぽいというか、ああここにきて良いんだという安心感を貰えるのです。


都心にこんなに優しい銭湯があるなんて、と毎回思います。

ぜひバンドゥーシュ、行ってみてください。おすすめですよ!

最後に

実はジョグリスは行ったことがないので比較はできないです。今度使ってみようと思います。

それでは〜(・ω・)ノシ