ソフトモヒカンにしてください

39歳。旅のしおりクリエーター。企画系サラリーマンの雑記です。趣味のマラソン、子育て、漫画の感想など綴っていきます。

美容院で失敗しないオーダーの方法(メンズ)

こんにちは、今日ヘアカットに行ってきたソフモです。

床屋さんか美容院か

散髪は、みなさんは床屋さんでしょうか?美容室でしょうか?
僕は高校生くらいから美容院に行くようになりました。なぜならオシャレそうだから。床屋さんはダサい。高校生の頃に色付き始めて、オシャレなものを探し、今までの過去をダサいと感じる年頃。結局そのまま美容院に通うようになりました。

でも最近では1000円カット的な美容院も多数ありまして、床屋さんと美容院の境目がよくわからないです。
僕がいま通うのは、1500円でカットできる美容院。子供の料金も同じくらいで一緒にカットできるので、助かっています。
もっと安いところも探せばあると思うのですが、家から近いというのも選んだポイント。

1500円クラスですと、前後の洗髪がないですね。どのように?の会話のあとにいきなり切る。そして、掃除機のホース見たいなものでスボボボボと吸い取って終わり。
ふぅさっぱり!という快感は得られません。
通常の料金であれば、前後のシャンプーと軽い頭皮のマッサージと、時々炭酸水でやってくれたり、肩もみとかもあったりして、軽いリラクゼーションを味わえます。

予算的に格安の美容院に

僕は家族会議の結果、そこの費用は抑えることにしようと、今まで夫婦で行っていた美容室をやめて、僕と息子はそこに行くことにしました。

これによって大人1回あたりの3000円くらい安く上がります。年間で3万円くらい。


安いには安いなりの理由があるものですが、技術も大きく変わるのかしら?
あまりこだわっていない僕からしてみると、居心地やトータルの気持ち良さとのバーターで、今のところは安いお店で問題なしです。

さて、オーダーの方法は?

さて、美容院でのオーダーって緊張しませんか?ちゃんと伝わるのか、イメージ通りにしてもらえるのか不安です。
僕もそうでした。
なので失敗しないように、「前回と同じで」「前回よりもさっぱりと」みたいに、前回ベースで伝えることが多かったです。

でも1500円クラスの美容院ではスタイリストは固定ではなく(選べますけど、指名すると値段が上がるシステム)、毎回違う方が担当になります。
何回か同じ人にもなりますが、雰囲気的に前回のことを覚えていなさそう。僕自身もあまり覚えていないですし、カットの最中もほとんど会話をしないで良いシステムなので、関係を強めるのではなく、ライトにカットしてもらうことに特化しています。
なので前回云々は期待しておりません。
ではどうやってオーダーするのか。

それは雑誌です。
ヘアカタログの雑誌が美容院に置いてあるので、そこで見つけたイメージに近いページを見せて、「このようにお願いします」と伝えます。
その時に、「似合いますかね?」とか「長さ足りますか?」など聞いてみると、教えていただけるので、そこまでがオーダーですね。

コミュニケーションがめんどうと思いがちですが、ここをしっかりしておけば大丈夫!

一言つけたして、「かっこよくしてください」と伝えられればベスト。美容師さんのやる気を引き出してください。

やってはいけないこと

前髪はこうで、サイドはどうでと事細かく注文すること。自分のイメージが固まっているのはいいですが、それだと伝わらないです。
伝わるようにすることが大事です。

もうひとつは、上記とは反対に「がっつりいっちゃってください」と曖昧に伝えること。

つい最近僕の同僚が、後ろ部分を「がっつりいっちゃってください」と言って髪を切ったところ、コボちゃんみたいな後頭部になってしまって、悔いていました。

コボちゃん (1) (Soyosha comics)

コボちゃん (1) (Soyosha comics)

いずれにせよ、自分のイメージをちゃんと伝えることが大切です。

最後に

今回僕は「ソフトモヒカンにしてください」とはオーダーせず、「ツーブロックでお願いします。」と言ってカットしてもらいました。


それでは〜(・ω・)ノシ