ソフトモヒカンにしてください

39歳。旅のしおりクリエーター。企画系サラリーマンの雑記です。趣味のマラソン、子育て、漫画の感想など綴っていきます。

ほぼ日手帳のヌメっぷりについて

こんにちは、ソフモです。
昨日ほぼ日手帳のことを書いたら、なんだか愛おしくなってきました。

普段は会社のデスクに置きっぱなしなので、手元にないのですが、今日は持って帰ってきたぞ。と。

このヌメ革の手帳は、もう7年になりますが、ほとんど外に連れ出していないので、とてもキレイ。
なるべく日を当てないように、引き出しにしまっています。
蛍光灯でも焼けちゃいますよね。

それでも結構色が濃くなってきました。
表がこんなかんじ

裏はもう少し薄い

広げるとこんな感じ


ちょっとずつ色が変わっていくのがとても良いですよね。
(経過を撮影してないけど)

買ったばかりのときは白っぽくて、こんなのが飴色になるのかしら?と半信半疑でしたが、ばっちり色づいています。

最初の頃は、クリームを見よう見まねで塗ってみました。
ただあんまり焦って色付かせるのではなく、じっくり使っていっても良いかなと思って、そこからは放っておいてましたね。
ただガシガシ使うのではなく置き手帳として。

それまではナイロン製のカバー使っていましたが、かばんにいれると擦れて汚くなってしまいますので、置き型にして正解でした。
普段のスケジュールはスマホですので、もっぱら日記帳です。


革にして愛着もわいて、もうずっとほぼ日手帳は、「手帳本体」しか買っていません。
始めは高かったけど、良い買い物をしたと思います。
さて来年はどんな手帳にしようかなとわくわくすることは無くなりましたが、迷うことが無くなりました。

これからも大事に使いたいと思います。

それでは〜(・ω・)ノシ

手帳については、
sofmohi.hatenablog.com
sofmohi.hatenablog.com
sofmohi.hatenablog.com


もお読みください〜